イメージ画像

何とも、ほほえましいぞ!

 先日、出張で大阪の方に行ってまいりました。大阪に行くのは、なんだかんだで2年ぶり。以前在籍していた職場では、講義の関係で月に2、3日は大阪に行く日々を送っておりました。その時は1年間トータルで考えた場合、実家にいるよりも、大阪で過ごす日々の方が多い状況。ですから、大阪の街というのも、私にとっては非常に馴染みのある街の一つなのです。今回久々の大阪ということもあり、あっちに行ったりこっちに行ったりと、大阪の街を堪能してきた次第で。もちろん、何年も大阪通いをしていたわけですから、〝行きつけの店〟があるのも至極当然のこと。その店はいまだ健在ですので、そちらにも行って、しっかりと大阪の〝懐かしの味〟を堪能してきました。

 で、大阪までの道のりは、新幹線を使うことになったのですが…。私はいつも、座席は〝E席(二人掛け窓側)〟を利用しています。まあ、ぶっちゃけて言いますが、酒飲みの私のとって、新幹線の中というのは〝移動する居酒屋〟(もちろん「着いたら仕事」なんて時は、お酒は飲みませんよ:笑)。旅行好きの私にとって、流れる景色を見ながらの一杯はこれまた格別!ましてや〝駅弁好き〟の私にとっては、駅弁をつまみながらの一杯は格別さも一入!ゆったりとしたシートで、美味しいものをつまみながら、美味しいお酒を飲んで、流れる日本の風景を見るなんていうのは、まさに贅沢至極の一言に尽きます。わたしの幸せって簡単ですね()。でも、ホントにたまりません。

 で、先日も大阪から帰京する際に〝新幹線居酒屋〟で、焼売をつまみつつビールを嗜んでおりました。ちょうどほろ酔い加減となった頃、京都駅に着いたのですが…。私の前の席に、ちょっとお洒落な格好をしたお婆さんが一人やってきて座ったのです(ちなみに私は毎回指定席を利用します)。「前の座席空いていたんだ…」位に思って、何気に窓の外に目をやると…チョット頑固そうな、昔堅気な感じのお爺さんが。私の前の座席、すなわちお婆さんの座った座席の窓の外に立って、ちょっと頑固そうな顔で新幹線の中を見ていました。何やら、お婆さんとアイコンタクトを交わしているようで、まあ感じとしては「じゃあ、気をつけていってこいよ」的な雰囲気でした。お爺さんの手には車の鍵が握られていましたので、おそらくお婆さんを車で送ってきたのでしょう。「ああ、ご夫婦か…」と思って何気にお爺さんを見ていたのですが…。なんとも手持無沙汰な感じで、目線があちこちに…。時たま、お婆さんを見るのですが、またすぐに目線はあちらこちらに。そんな、お爺さんを見ていて、私は何ともほほえましい気分になりました。お婆さんを見送りに来たのはいいけど、お爺さん本人としては恥ずかしいのでしょうね。まあ前述のように〝如何にも昔堅気な気難しい頑固爺さん〟って感じの方でしたから()。でも、見ている限り「お婆さんのことを大事に思っているんだろうナァ」というのが、ひしひしと伝わってきました。新幹線が動き始めると、お婆さんを見ながら「じゃあ」の一言。もちろん聞こえませんでしたが、口の動きで分かりました。何ともほほえましい光景だなぁ…と、しみじみ思いましたね。お年を召されたご夫婦なんですが、お互いのことを思っていることが手に取るように分かりましたから。「お年を召されたご夫婦なんですが」と書きましたが、相手のことを思う気持ちに年齢は関係ないはず。でも、なかなかそんな光景は見られませんからね。「相手のことを思う気持ち」を見られたことは、何とも心温まるものでありました。ゆったりとしたシートで、美味しいものをつまみながら、美味しいお酒を飲んで、ほほえましい光景を目にすることが出来て、何とも贅沢な出張帰りとあいなりました。

タグ

2011年6月23日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

お役立ちサイト!

タグ

2011年6月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:お役立ちサイト!

立ち食いそば…なのか?

 毎度毎度、書かせてもらっていますが、我が薬進塾がある浅草橋は問屋さん街ですが、飲食店も数多くある街です。何故か中華料理屋さんが多いのですが、もちろんそれだけではなく、とんかつ屋からラーメン屋、カレー屋から蕎麦屋、有名チェーンの飲食店などその種類も豊富です。何気に良く目にするのが、お蕎麦屋さん。やはり下町といった土地柄なのでしょうか、年季の入ったお蕎麦屋さんを良く目にします。中には「創業江戸安政元年。現在、八代目」などと言うお蕎麦屋さんもあったりして、「やはり江戸っ子は蕎麦好きなんだな。だから長く続くんだ」などと感心してしまう位です。

 日本人は〝蕎麦好き〟〝饂飩好き〟に分けられるそうですが、私は蕎麦好き派。「自分はラーメン好きだな」なんて野暮なことは言ってはいけません。とりあえず〝蕎麦好き〟〝饂飩好き〟に分けるのが日本人です(まあ私もラーメンメガ好き人間ですが:笑)!で、蕎麦が好きなもんだから、お昼もお蕎麦屋さんに行ったりするのですが…江戸っ子の蕎麦は量が少ないのが特徴。調べてみますと、江戸っ子の間では小食であることが良しとされていたそうです。江戸っ子の小食を「江戸腹」と言い、これが粋とされていたとのこと。逆に山盛りにされたものを腹一杯食べるのは粋とは言えなかったそうで。当然、蕎麦も小盛りにされたものが江戸っ子に好まれていたのだそうです。となると…江戸時代から続く由緒あるお蕎麦屋さんは、当然、江戸人の心意気を伝えているものですから、量の方はそう多いモノとはなりません。まあ、蕎麦通の人やお年を召した方、女性などには適量なのかもしれんせんが、私にとっては今一つ物足りない量なのです。私が江戸っ子であれば「小食が粋なんだい!」となるのでしょうが、あいにく私は江戸っ子ではないもので、やはり老舗のお蕎麦屋さんの蕎麦では、昼食としては今一つ足りない感があるのです(もちろん味には大満足ですが)。

 そんな理由で、良く利用するのが、いわゆる〝立ち食いそば〟。量も満足、大盛りにするとなお満足、値段の方もリーズナブルと、私にとっては嬉しい限り。もちろん、色々なトッピングが出来るのも嬉しさの一因でして、私はいわゆる〝天玉(かき揚げと卵)蕎麦〟で食べるのが大好きです。昔は立ち食いそばといったら「早さが一番、味は二の次」といった感がありましたが、今はどっこい味も大したもので、蕎麦好きの私も十分に満足出来るものに。蕎麦自体も昔と違い、うっすらと透明感のある中にしっかりと蕎麦粉が入っているのが認識できるような立派な蕎麦。昔は〝グレーのでろんとした麺〟とう感じでしたからね。もちろん蕎麦つゆの方も満足出来るものに。変に甘かったり、しょっぱかったりということもなく、しっかりとした出汁でカツオの香りが堪能できる蕎麦つゆになっています。

 そこで、前述のように足げに通うことになった訳ですが…立ち食いそば…自分が行く浅草橋のいわゆる〝立ち食いそば〟は、どこも座って食べる形式…。それは〝立ち食いそば〟と言わないのではないか?立って食べるから〝立ち食いそば〟というのではないのか?おまけに、ほとんどの店が立って食べる場所がないというか、完全着席制(?)だ。それでも〝立ち食いそば〟なのか?調べてみたところ、立ち食いそば店とは「主に蕎麦や饂飩などを供し、客が立ったまま食べるスタイルの営業形態(立ち食い)を基本とした飲食店」とされている。「立ち食いを基本とした」…つまり、必ずしも食する形態は立っていなくてもいい訳で。「基本的に立って食べるのがノーマル系だよ。でも座って食べるのもありね」といった感じなのだろう。まあ、駅そば(特に構内にある店)は別としても、確かに座って食べる方が落ち着くし、出来れば座って食べたいものだ(駅そばは時間が優先される故、やはり立ち食いの方が良い)。それは恐らく私だけではないはずだから、座って食す場所が増えるのも当然だろう。「立ち食いそば屋だけど、やっぱり座って食べたい」というお客のニーズに応えた営業形態となったのだろう。蕎麦の中身だけでなく、その営業形態も進化しているようだ。

 などと考えていたところ…。良く良く思い出してみると、私が行く〝立ち食いそば屋〟…店のどこにも〝立ち食い〟の文字がない…。そう、勝手に〝立ち食いそば屋〟だと思っていただけで、店自体には「立ち食い」の「立」の字もない!〝厨房がほぼ丸見え、〟〝食券を出すと同時に調理を始める〟〝水も蕎麦もセルフサービス〟〝店がそんなに大きくない〟〝カウンターがメイン〟〝メニュー内容〟等といった条件から、自分で勝手に〝立ち食いそば屋〟と決めていたようだ。店の中を見ると、どう見ても立ち食いにした方が、沢山のお客が収容出来そうなのだが…。やはり上記のようにお客のニーズに応える方を選んだのだろう。なるほど、いつ行っても並みの立ち食いそば屋よりも、お客がいるような感じがする。こうなると、私が行っている〝立ち食いそば屋〟は、もはや〝立ち食いそば屋〟とは呼べないのではないか?イヤ、店自体が〝立ち食い〟と謳ってない以上、第三者が勝手に〝立ち食いそば屋〟などと呼んではいけないであろう。では、何と呼ぶのか?良く良く考えれば単に蕎麦屋なんだから〝蕎麦屋〟と呼べばいい訳であるのだが…やはり彼らには彼らなりの、新しい名前を考えた方がいいような…。あんなにもリーズナブルで、便利で、そして美味しいんだから…。飲食店界の中での、彼らなりのスタンスを与えてやりたいものだと思う今日この頃である。

タグ

2011年6月15日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

どうも長くなってしまう…。

新ホームページの開設に伴い、ちょっとお休みだった〝薬進する日々〟。旧ホームページが残っている状態(契約等が残っているため、しばらくは残っていることになると思います)でのリニューアルホームページ立ち上げとなり、ちょっとごたついておりまして、すっかりブログがお休みになってしまいました。やっとリニューアルホームページが落ち着きましたので、またまた筆をふるわせていただくことと相成りました。

 新しいアドレスは、まだあまり知られていない状況にあるので、現在は、やれ学生に新アドレスを伝えたり、やれ広告に新しいアドレスを載せたりと、その存在を知らしめる活動を日々おこなっている状況です(笑)。まあ、このブログを読んでいる方は、リニューアルホームページの存在を知っている方なので、今後はこちらのホームページへお越しいただくようお願いする次第にあります。

 で、ウチの学生さん、早速、こちらのホームページ方を訪ねてくれたそうです。「ブログとか読んだ?」と聞いたところ「ええ、ちょっと長めの…」との返答が。長め…う~ん、確かに我ながらチョット長いような感はあったのですが…。改めて言われると「やっぱりちょっと長いのかな?」なんて考えてしまう次第で。私としては「週一なので、少々長めでもいいか…」と考えていたのですが…。実の所、私は文章を書くと長くなってしまうクセがあるのです。感想文・論文はもちろんのこと、講義プリントから試験解説にいたるまで、どうも文章が長くなってしまう。講師として初めて模擬試験問題を作成した時(もちろん同時に解説も作成します)、上司の先生から「長すぎる!」と一喝されたことを、いまだに覚えております。

 乱文乱筆の私にも、ありがたいことに執筆の依頼が来りもするんですが、何に一番苦労するかというと〝字数指定〟。当たり前の話ですが、執筆の依頼には「○○字でお願いします」といった字数指定があります。初めは「そんなに書けるかな…」と不安に思いつつも筆を走らせ(今風でいうならは「キーボードをタップしつつ」か?)、書き上げたと思ったら、字数オーバー…なんてことは日常茶飯事なのです。イヤ、毎回100%字数オーバーですね(笑)。原稿は出来上がったものの、字数オーバーではモノになりません。で、ここから「アレを削って…」「ココはアソコと同じような内容だから…」なんて具合に、削ったり、合併したり、そんなこんなを繰り返し、やっとのことで文字数を指定字数内に収め、原稿の完了となるのです。なんともお恥ずかしい話ですが、私の場合は書くことよりも、削ることの方に数倍の時間と労力を要してしまうタイプのようです。

 そこへいくとブログは気ままなもの。思いついたままに書いていけばいいので、楽と言えば楽なのですが…思いついたままに書く訳ですから、当然、文章が長くなってしまうという状況に。前述のように「週一なので、少々長めでもいいか…」なんて思っていたのですが、やはり「長いなぁ」と思う人もいることと思います。何といってもブログは「〝読んでもらう人〟のためにあるモノ」。自分の思いのままに、好き勝手に筆を走らせ過ぎるのもいかがなものかと考えてしまう次第で。これからは、今までよりも少々短めの内容でやっていこうかなと思っています。まあ、いつの間にかまた長くなっているような気もしますが(笑)。

タグ

2011年6月9日 | コメントは受け付けていません。 |

カテゴリー:ブログ 薬進する日々!!

このページの先頭へ